先行:御影
後行:愚者x2

─────

陽炎ゆらゆら。

蝉がシャーシャー。

この先の視界も少しずつ歪み出す。

誰かの声が聞こえる気がする。

風鈴の音色に紛れる透明な風が運んできた

入道雲が膨れ上がっていく。

泣き出しそうな空の下

暑さに喘ぐ人々。

夕立前の街は慌ただしく動き出す。

豪雨になったら大変だ。

夜の花火を心待ちに通り過ぎる雨を見送る。

杞憂に済んで良かったな、と。

こうして思い出が積み重なり

暑さによる苦しさも

未来の自分が見て笑える様 記憶の1ページに向日葵を描いた。

そしてこれまで描いてきた向日葵畑の中で

今でも 太陽を探してる。

再び目の前に陽炎が揺らめき

この花が枯れないように溶ける意識の中で彷徨い歩く。

蜃気楼の中に自分が入っていくようだ。

手を伸ばしても届かないオアシス 一向に辿り着けないユートピア。

それでも歩き続ける。

うだるような夢 志までは焼き尽くせない。

描いた向日葵はいつまでも枯れない。

広告

菊千代 について

きくちよと申します。
カテゴリー: 先行:御影 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中