更新終了

突然ではありますが、
ちょっとした事情により、
今後の更新を終了したいと思います。

短い間でしたが、読んで頂けた方、
どうもありがとうございました。

また、機会があったら、
何かを始める事はあるかもしれません。

でも、その時には別のURLで、
多分、HNも変えているでしょう。

ただHNは変えても、
別人を装うつもりはありません。
アイコンは変えないので、
それで分かるかと思います。
(アイコンはTwitterの方でご覧下さい)
再会が出来た折りには、
どうぞ宜しくお願いいたします。

愚者x2

私の勝手で始まり、私の我儘で終わる事になってしまったコラボ創作、愚者x2さんを始め読者の皆様に支えられてきた暖かさに感謝します。

いつも私の我儘を聞いてくれた
愚者x2さん、ここまでお付き合い下さり本当にありがとうございました。そして、欠かす事なく掲載や更新等して戴いた事についても感謝します。

こういう機会や場を設けてもらって、一緒に創作活動できた事は絶対に忘れません。

本当にありがとうございました。

それでは、お疲れ様でした。

御影

広告
カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ

変化

先行:御影
後行:愚者x2

─────

荒んだ心を洗い流してくれる気がする雨の日が好きだった。

雨音に耳を傾けると

何故か心が落ち着いた。

あんなにも乱れていたのに。

今では雨の日は退屈で嫌い。

窓から雨を眺めると

どこか静かな街並みの物悲しさ滲む。

昔も今も僕は僕。

一人で過ごす事の至福も静寂の耳鳴りに遮られる。

寂しさに縛られて

あんなに邪魔だった過去の中に愛おしさが湧いてくる。

そして今の自分に無いものを見つけて

刻々と進む時間と共に動き出す。

常に時間は止まらない。

景色が立ち止まる事すら許してはくれない。

そして少しずつ変わってゆく。

色々な表情を出して行くかの様に。

果たして、それは必然なのか。

与えられた運命にぶら下がったままでいるより自ら切り開き進みたい。

そう思うと雨音に窮屈さを感じる。

踏み出そうとしなかった明日へ歩き出せば昨日とは違う雲がある。

次々と形を変えていく雲を眺めて

この不安定なぎこちなさを表しながら人も街もみんな生きているんだ。

少しずつ変わりゆく世界の片隅で。

カテゴリー: 先行:御影 | コメントをどうぞ

夕暮れ

先行:愚者x2
後行:御影

─────

空から陽が落ち、空が燈に染まる時

切なさにも寂しさにも似た感情が胸を刺す事の懐かしい痛み。

もう幾らもしない内に世界は闇に包まれる。

静かに伸びた影が広がる速さに飲まれる前に今をしっかり見よう。

今、この瞬間の奇跡を胸に焼き付けよう。

何度も繰り返し大地を焼き付ける色は 何時しか この心にまで焼き付いていた。

それが未来の自分を装飾する。

そして、ふと 足を止めた時に今日へ戻って来るのだろう。

そこにある不思議な安心感。

きっと、この今も、いつかの夕日の中にある思い出の1コマ。

そうして積み重ねられたゆとりが人を豊かにもする。

僕を毎日この色で包むのは 帰りたくなるようにかも知れない。

そして焼き付けられた色が道標となるのだろう。

迷ったら教えてくれる 立ち止まる優しさ。

それを感じる事が出来る僅かな時間。

ほんの一握りの幸福と共にポケットの中にしまっておこう。

いつの日か、その小さな灯が大きな陽となる様に。

キラキラ光る水面は まるで宝石箱の中みたいで

見続けていたい思いと、そっと閉じてしまいたくなる衝動の狭間で揺れる。

鼻先をくすぐる暖かな香りで 我に返ると家路を辿る穏やかさ。

いつ、何処に居ても帰る事が出来る。

そんな嬉しい気持ちは 夜の訪れを忘れさせてくれた。

そして人は優しくなれる。

この夕焼けのように…

カテゴリー: 先行:愚者x2 | コメントをどうぞ

先行:御影
後行:愚者x2

─────

陽炎ゆらゆら。

蝉がシャーシャー。

この先の視界も少しずつ歪み出す。

誰かの声が聞こえる気がする。

風鈴の音色に紛れる透明な風が運んできた

入道雲が膨れ上がっていく。

泣き出しそうな空の下

暑さに喘ぐ人々。

夕立前の街は慌ただしく動き出す。

豪雨になったら大変だ。

夜の花火を心待ちに通り過ぎる雨を見送る。

杞憂に済んで良かったな、と。

こうして思い出が積み重なり

暑さによる苦しさも

未来の自分が見て笑える様 記憶の1ページに向日葵を描いた。

そしてこれまで描いてきた向日葵畑の中で

今でも 太陽を探してる。

再び目の前に陽炎が揺らめき

この花が枯れないように溶ける意識の中で彷徨い歩く。

蜃気楼の中に自分が入っていくようだ。

手を伸ばしても届かないオアシス 一向に辿り着けないユートピア。

それでも歩き続ける。

うだるような夢 志までは焼き尽くせない。

描いた向日葵はいつまでも枯れない。

カテゴリー: 先行:御影 | コメントをどうぞ

明日

先行:御影
後行:愚者x2

─────

小さな失敗をした

若き日の僕は

「今」を知らないから 気にも止めずに ここまで来た。

過ぎ去りし日々の中で

置いてきた物。

それが「今」僕の中で蘇る。

もっと早くに気付けて居れば

こんなに傷付く事も無かったのかもしれない。

悔しさを断ち切れずに

虚しさを覚えて

孤独に振り回される。

逃げ出す事も出来ずに

有るのかも解らない 出口を探す。

探しても探しても見つからない。

本当は自分が求めた答え以外 受け入れられず拒絶してたんだ。

それでは見つかるはずはないよね。

気付いてしまえば こんなに簡単な事…

未熟であった事で自らを縛り付けていた。

さぁ ここからは1日後の僕が 今日の失敗を引き摺らない様に

糧へと変える事が出来る様に

ゆっくりでも一歩ずつ進もう。

嫌でも明日は必ずやってくる(笑)

カテゴリー: 先行:御影 | コメントをどうぞ

先行:愚者x2
後行:御影

─────

夜空を見上げて

馳せる君への想い。

君もまた、あの星を見ているのだろうか。

瞬く輝きはこの胸を熱く焦がす。

悠久なる時間をかけて

いつか届いて欲しい この気持ち。

ただ、ただ、君を想う。

苦しいくらいに愛おしい。

そんな僕をあの星が見ている。

まるで標を指し示すかの様に

君の下へ星明かりが降り注ぐ。

その穏やかな笑顔を垣間見る事ができる幸せ。

その幸せを君にも届けたい。

2人で同じ気持ちになれたなら

悠遠なる距離も一瞬にして無くす事が出来るだろう。

想像しただけで高鳴る鼓動。

際限無く溢れる君への想い。

最初は遠くから見ているだけで良かったのに

抱きしめたくて仕方がなくなる。

強くなっていく君への想い。

もう止まらない。

そんな衝動に駆られ火照った頬を夜風が優しく撫でる。

そして僕は君の下へと向かう。

湿った空気が告げる初夏の訪れ。

カテゴリー: 先行:愚者x2 | コメントをどうぞ

先行:御影
後行:愚者x2

─────

両手に抱えきれなくなったものは

涙となって溢れ出す。

誰に降り注ぐでもなく 自分に

向けられた刃から滴る血と共に

痛みだけ流してはくれない。

先の見えない孤独の中で

感じる冷たさだけが

現実だと思い知らされる。

昔に放り捨てた身を護る傘。

今はただ、打ちのめされて

静かに目を閉じる。

傘を叩く雨音が

耳触りだった記憶さえ懐かしく

そして温かくも感じる。

体温を奪われ薄れ行く意識。

雨は強くなっていく。

心は渇く間なく。

雨は絶え間なく。

洗い流される事もなく。

刻み込まれていく。

幾重にも重なる思い出。

次々と蘇る記憶。

それは、いつしか追憶へと変わり

空へと還るだろう。

カテゴリー: 先行:御影 | コメントをどうぞ